島村楽器 イオンモール大高店 シマブロ

島村楽器 イオンモール大高店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ちいさなお子様のはじめて音楽体験会盛り上がりました!

こんにちは!音楽教室担当の冨田です。毎日暑い日が続いていますが、今回も暑さにも負けず
『ちいさなお子様のはじめて音楽体験会』を行いました!
今回の体験会は、島村楽器イオンモール大高店の幼児の基礎音楽コース講師 杉浦里奈先生と一緒に、身体を動かしたりリズムに合わせて体験してもらいました。
イオンモールのキッズコーナーでお子様が自由に動き回れるスペースだったので、身体をつかって沢山音楽に触れてもらう事が出来ました

初めにりな先生のピアノの音を聴きながらライオンさん小鳥さんのカードを使って、小鳥さんのような高い音とライオンさんの鳴き声の様な低い音を、ピアノの音をよーーーく聴いて、
小鳥さんかな?
ライオンさんかな?
ライオンさん小鳥さんのカードを並べて、どちらの音が聴こえたかをカードを選んでもらいます
f:id:shima_c_oodaka:20180702151016j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180702151032j:plain
みなさん大正解!!
お子様の頭の中では、脳の準備体操が出来てきましたね
次に、りな先生が出したカードの動物をよ~く見て、ピアノの音に合わせて動物になりきって身体を動かしてみよう
ネズミさんのように、ちょこちょこ速く走ってみたり、カバさんやゾウさんのようにのっしのっし歩いてみたり、身体を使ってとても元気よく表現してみましょう
f:id:shima_c_oodaka:20180702151046j:plain

さすがです、みなさんなとっても上手に動物になりきっていますね!
最後は、りな先生が出したカードの読み方を、ドレミに合せて歌ったり、カスタネットやタンバリンを使ってリズムをたたきます
これは日常生活の中でも、たくさんのリズムが溢れていますね
f:id:shima_c_oodaka:20180702172233j:plain

島村楽器の幼児の基礎音楽コースでは、幼児期のお子様の成長に合わせた独自のカリキュラムと教材で、楽しくレッスンをします。ぜひ興味のある方はお問い合わせください

イベント講師

杉浦里奈(すぎうら りな)
月・木・金・土曜日担当:幼児の基礎音楽コース・ピアノ・ソルフェージュ
私が教えさせて頂くのは「音楽」ですが、その「音楽」を通じて、皆さまの人生がより豊かになる様にお手伝いさせていただければ嬉しくと思います。
幼児の基礎音楽コースとは
幼児の基礎音楽コース体験レッスン申し込み
夏の短期レッスン

各コース体験レッスンのお問合せ

島村楽器音楽教室では、体験レッスンのご予約も随時受付しております。
一緒に音楽を楽しみませんか?
興味があるけど始めようか迷っている方、一度体験レッスンにお越し下さい♪
netでのお申込はコースをクリックするとお申込フォームにとびます!
体験レッスン申し込み

店頭でのお申し込み
お電話でのお申し込み TEL 052-629-5101 随時受付しています

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 大高店
電話番号 052-629-5101
担当 冨田明子

こんな楽器もあるの?!可愛いサイズのポケットトランペット!【理紗子のちょっと気になるそこんとこ!Vol.24】

こんにちは!
富田理紗子です!!!
サッカー決勝トーナメント進出ですね!
わくわくしますね~♪
f:id:shima_c_oodaka:20180630150126j:plain
というわけで(?)、今回は、そんな応援にも使える楽器をご紹介いたします!

その名も、ポケットトランペット!
冒頭で管楽器担当岡田と私富田が持っている楽器なのですが…。
普通のトランペットよりも小さくなった可愛いトランペットなんです♪
音階は同じで、よりコンパクトにしたサイズなのです!
今回は、そんなポケットトランペットが、展示品1台限りでの特別価格になるという事で!
管楽器担当:岡田が綺麗にお掃除をしていたので、その様子を撮らせてもらいました!

お掃除は隅の隅まで!バラバラにするとこんな感じ!

f:id:shima_c_oodaka:20180629195206j:plain
本体部分と…
f:id:shima_c_oodaka:20180629195521j:plain
各パーツに分かれます!
もっと細かく分かれるのですが、今回は、ここまでの解体できれいしますよ~!

経年で劣化するコルクの交換!

ウォーターキーと呼ばれる写真の黄色く囲んだ部分に取り付けられているコルクを交換します!
f:id:shima_c_oodaka:20180629195627j:plain
いわゆる水抜きの部分で、経年で劣化するものなので、全体メンテナンスの際にも
交換することが多いパーツのようです!
実際に自分で取り換えも出来るみたいですが、
専門のスタッフにお任せいただくのがイチバンだと思いますよ!
止まっているネジをはずして…
f:id:shima_c_oodaka:20180629195822j:plain
ネジとキーとバネのパーツを取り外します!
f:id:shima_c_oodaka:20180629195853j:plain
本体はこんな感じ!
f:id:shima_c_oodaka:20180629195924j:plain
下に同じパーツがついているので、比較しやすいですね!
キーについたコルクには、深い円の跡が残っていますが、
これは「轍」というそうで、しっかり本体の穴を塞ぐために付けているようです!
新品のコルクと比べるとこんな感じでの違いが!
f:id:shima_c_oodaka:20180629200055j:plain
この新しいコルクにも轍をつけるみたいです!
とりあえず、古いコルクをキーから外して…。
f:id:shima_c_oodaka:20180629200215j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629200211j:plain
接着剤で新しいコルクを取り付けます!
楽器によっては、専用の粘着剤があるようなので、やはり専門スタッフに任せるのがイチバンですね!
f:id:shima_c_oodaka:20180629200347j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629200353j:plain
古いコルクをきれいに取ったキーはわざと傷をつけます。
f:id:shima_c_oodaka:20180629200551j:plain
これは、接着剤がつきやすいようにわざとつけるみたいです!
新しいコルクとキーにそれぞれ薄く、まんべんなく接着剤をつけて…
f:id:shima_c_oodaka:20180629200634j:plain
圧着!!!
f:id:shima_c_oodaka:20180629200719j:plain
コルクとキーがしっかりつくように強い力で押さえます!
ここを緩くしてしまうと、ぽろっと取れる危険があるので、圧着はしっかり目に!
f:id:shima_c_oodaka:20180629200820j:plain
あとは、バネとネジを使って、元のように戻せば…。
f:id:shima_c_oodaka:20180629200925j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629200930j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629201012j:plain
完成!
f:id:shima_c_oodaka:20180629201052j:plain
もう一つも交換して、両方新しいコルクにします!

全体の汚れを拭きまーす!

両方交換が出来れば、次は、各パーツと本体の拭きあげ!
f:id:shima_c_oodaka:20180629201236j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629201557j:plain
ピストンやボトムキャップを綿棒やガーゼを使って拭き上げていきます!
綿棒がこんな感じになるほど、汚れが付着することがあるんですよ~!
f:id:shima_c_oodaka:20180629201444j:plain
本体は、クリーニングロッドにガーゼを巻き付けて出し入れをすると中身が綺麗に!
f:id:shima_c_oodaka:20180629201723j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629201729j:plain
抜き差し管にはグリスを塗って…
f:id:shima_c_oodaka:20180629202005j:plain
ピストンはバルブオイルをさして…
f:id:shima_c_oodaka:20180629202100j:plain
全部戻したら完成!!!
f:id:shima_c_oodaka:20180629202334j:plain
ベルの彫刻も輝いてますね!
f:id:shima_c_oodaka:20180629202632j:plain

というわけで、早速!

今回のちょっと気になるそこんとこ!

このパーツの役割は???

今回のポケットトランペットにもついているこのパーツ。
f:id:shima_c_oodaka:20180629202810j:plain
真ん中の赤いボッチがわかりますか?
これ、なんのためにあると思います???
パーツだけで見るとこんな感じ。
f:id:shima_c_oodaka:20180629202912j:plain
このボッチ、名前がカニメ」と言うそうです。
英語ではニップルと言います。
何かというと…。

抜き差し管を取りやすくするためのパーツ。

だそうです!!!
日本語の「カニメ」はカニの目に似ているから、ということからきているみたいです!
面白いですよね~♪
一つ勉強になりました!

では、今回はここまで!
ちなみに、このポケットトランペットお値打ちになりますよ~と
冒頭でお伝えしましたが、な、な、なんと!
20%OFF!!!
通常¥35,640→¥28,512
今からのシーズン、アウトドアなどにも持っていけるお手軽楽器です♪
お得な今、ぜひお求めください~♪
ではまた!
次回をお楽しみに~♪

本日解禁!ALESISの最新電子ドラムNITRO MESH KITが大高店にもキターーー!!!【理紗子のちょっと気になるそこんとこ!Vol.23】

こんにちは!
富田理紗子です!
f:id:shima_c_oodaka:20180629213253j:plain
みなさん!!!
今日の夜0時!!!
日付が変わったころに!!!
新しいドラムの情報が解禁されたのをご存知ですか?!?!

実は、ALESISという楽器メーカーが、新しい電子ドラムの情報を今日解禁したのです!
その名も、「NITRO MESH KIT」
冒頭で、私が一緒に写っている電子ドラムなのです~♪

前にあったお値打ちなあのNITRO KITがメッシュパッドになって帰ってきました!

というわけで、今回も、組み立てて、叩いてみますよ~♪

箱はこんな感じ!

f:id:shima_c_oodaka:20180629204507j:plain
平らな感じの箱にきっちり詰まってきています!
f:id:shima_c_oodaka:20180629204554j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629204604j:plain
本当にコンパクト。
f:id:shima_c_oodaka:20180629204646j:plain
でも、中身を開けると、こんなにもたくさんのパーツが入っているのです!
f:id:shima_c_oodaka:20180629204659j:plain
RolandV-Drumsでは専用のチューニングキー、YAMAHAではチューニングキーが
大活躍しますが、今回のキットでは六角レンチが必須です!
中に入っているこの六角レンチがぴったりなので、
なくさないようにしてくださいね!!!

f:id:shima_c_oodaka:20180629204831j:plain

組み立てていきますよ~

説明書はわりとすっきり、シンプルにまとまっているので、
このブログを参考にして頂ければと思います~
f:id:shima_c_oodaka:20180629205020j:plain
早速、さっきの六角レンチを使います。
各パーツの位置調節は、この六角で行いますので、最初の方は必須アイテムです!
f:id:shima_c_oodaka:20180629205129j:plain
また、このキットのスタンドは、はまりやすいように溝が出来ています。
この溝にぴったりはまるように入れていきましょう!
f:id:shima_c_oodaka:20180629205217j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629205226j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629205236j:plain
使うのは3つのパーツが付いた足のスタンドと溝の入ったスタンド、
2つのパーツが付いた足のスタンドです!
足のスタンドのパーツ一つをそれぞれ一番上まで上げて、
そこに溝の入ったスタンドを組み立てていくようにすれば、
コ型になるように組み立てることができます!
するとこんな感じ!
f:id:shima_c_oodaka:20180629205547j:plain
そこから、左の足の2番目のパーツに2つパーツのついた溝の入ったスタンドを取り付け、
その先を足のパーツで固定します。
高さがずれると、ぐらぐらしてしまうので、
六角レンチで緩めて位置を調節しながら固定しましょう!
f:id:shima_c_oodaka:20180629205759j:plain
右の足にも同様につけていくと、こんなかんじで、ドラムのスタンドっぽくなりますよね!
f:id:shima_c_oodaka:20180629205849j:plain
さらに、左の足の3つ目のパーツには、一つのパーツが付いた棒を差し込みます。
穴がふさがっていない方を差し込みますよ!
f:id:shima_c_oodaka:20180629210003j:plain
そして、パッドのアタッチメントをつけます!
真ん中の横棒のパーツは一番右を残して、
左の横棒は右側のパーツにつけて…
f:id:shima_c_oodaka:20180629210034j:plain
パッドをつけていくのですが、スネアのパッドには、裏面にSNARE PADと記載があるので、
間違えないようにしましょうね!
f:id:shima_c_oodaka:20180629210157j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629210150j:plain
アタッチメントにパッドをつければ…
f:id:shima_c_oodaka:20180629210244j:plain
よりドラムらしくなってきた!
f:id:shima_c_oodaka:20180629210451j:plain
シンバルのアタッチメントもつけて、シンバルパッドをつけていきますよ~
f:id:shima_c_oodaka:20180629210541j:plain
シンバルパッドは、アタッチメントのパーツを取り外してからつけます。
これを…
f:id:shima_c_oodaka:20180629211038j:plain
こう!
f:id:shima_c_oodaka:20180629211049j:plain
そしてシンバルパッドを入れて…
f:id:shima_c_oodaka:20180629211131j:plain
フェルトとウィングナットをつければ…
f:id:shima_c_oodaka:20180629211429j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629211509j:plain
いろんな方向向いていますが…。
完成!
f:id:shima_c_oodaka:20180629211621j:plain

スタンド、パッド以外も組み立て、設置しますよ~

あとは、キックペダルを組み立てます!
f:id:shima_c_oodaka:20180629211716j:plain
下の金属の骨組みを穴に内側から入れて…
f:id:shima_c_oodaka:20180629211806j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629211810j:plain
ビーターをさして、チューニングキーで固定すれば、完成!
f:id:shima_c_oodaka:20180629211922j:plain
キックパッドは最初から組み立ててあるので、今度は音源ですね!
裏面の溝に音源モジュールケーブルを装着します。
f:id:shima_c_oodaka:20180629211959j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629212104j:plain
六角レンチの入っていた袋に一緒に入っているこのネジで固定します!
f:id:shima_c_oodaka:20180629212146j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180629212156j:plain
音源を左の足の残ったパーツに装着して、それぞれのパッドにケーブルをつないでいけば、
f:id:shima_c_oodaka:20180629212257j:plain
完成!!!

今回は、長くなりましたが、一気にご説明してみました!!!
いかがでしたか?
作業工程が少ないのは、キットがコンパクトでシンプルだからこそだと思います!
と、いうわけで、今回はのちょっと気になるそこんとこはお休みをさせていただいて、、、

動画を見てください!!!

今回の演奏も内臓曲に合わせて叩いているのですが、
フレーズのリピートだったので、それを流したまま、8小節だけ叩かせていただきました!
毎回割とロック系の音色で、バックの音楽もロック系が多かったので、
今回のキットではエレクトリックな感じのものを選んでみました!
ぜひ見てみてくださいね~♪
www.youtube.com

というわけで、今回はここまで!
最後に、販売価格や商品の詳細を記載しておきますね~♪

メーカー ALESIS
型名 NITRO MESH KIT
販売価格(税込) ¥44,800
コメント ALESISの最新作!お値打ち価格なメッシュパッド搭載キット!

初心者の方へのおすすめとして、すぐに叩けるセットもご用意しております!
椅子、ヘッドホン教則本、マットがついて、¥63,720(税込)
気になる方は、ぜひドラム担当:富田理紗子までお尋ねくださいね~♪

それではこの辺で!
また次回をお楽しみに~♪

【管楽器】金管楽器のマウスピース選び

こんにちは!管楽器担当の岡田です!
木管編に続き金管楽器のマウスピースの選び方をご紹介します♪
私は中学生で入部し、ユーフォを始めたときには先輩に勧められるがままヤマハの48S 。最初は細管でした。
その後シルキーやらバックやらベストブラスやら試しますが今でもメインで使っているのはティルツで、
なんだかんだカップもリム内径も中庸なもの(いわゆる普通・・・)です・・・(笑)

しかしマウスピースってメーカーも多ければ種類も多い・・・
どう選べば良いんだーーーーー!!!!
と思っているの金管奏者は多いはず・・・!そうですよね!わかります!!
かく言う私もいまだにマウスピース難民です。
リガチャーやリードも変えられる木管楽器と違い、金管楽器はマウスピース一つがすべて!
とっっっっっても大切な部分です。それ故に悩むのですが・・・・
少し選択肢が狭められる方法をお伝えしていきたいと思います!

木管楽器のマウスピース選びはこちら!

oodaka.shimablo.com

マウスピース選びのポイント!

今より改善したいところを見つけよう

マウスピースってたくさんのメーカーからたくさんの種類が出ていて、全部試奏なんてとてもできませんよね・・・
まずは絞り込んでいくところから始めましょう♪
今よりどうしたいのかを明確にしていくと分かりやすいです。

もっと高音域・低音域を楽にだしたい!
柔らかな音色にしたい
JAZZに向いた音色にしたい
響きや音量を上げたい

などなど・・・・
明確になければ、今どんなジャンルの曲をしているか、とにかく吹きやすくしたい、などでもOKですよ!

金管楽器の場合

材質

木管楽器はいろんな材質のものが出ていますが、
金管楽器はほとんどが楽器本体と同じく真鍮製です。
その上から銀メッキ、金メッキを施してあります。
最近では金属アレルギーの方向けのコーティングをしてあるものも出ているようです!
また、練習用としてプラスチック製のものも出ていますが、
楽器につけて演奏する場合は金属製のものがベターです♪

リムのこと

f:id:shima_c_oodaka:20180623143652p:plain
唇をつける部分を「リム」といいます。
厚さ(リム厚さ)や曲がっている角度(リムカンター)、カップへの入り角度(リムバイト)など細かくありますが
とにかくコントロールや疲れ方を大きく左右している部分なので
まずは唇をつけて違和感がない事、リップスラーなどをしてみてコントロールのしやすさなどをチェックしてみてください!
ちなみにリムを金メッキにすると、より唇が滑りやすくコントロールしやすくなります!(あとから金メッキにもできます)

カップ・スロートのこと

f:id:shima_c_oodaka:20180623144649p:plain
メーカーのカタログなどで表記が多いのは「カップ」
カップは息の入る量と関係していて、リム内径と同じく高音域・低音域の出やすさで選ぶ方も多い部分です。
また、個人差はありますが息がたくさん入る人はカップが深いほうが音にしっかり深みがでますし、
息の量が少なめの方は浅い方が楽にふけるかもしれません!
あとは音量にも大きく影響しているので、「もっと大きく!!」とよく注意されてしまう方はカップを見直すのもありです!
形状などもたくさんあるので、半音階はモチロン、高い音や低い音が一発で当たるかどうかなどもチェックしてみてください。

「スロート」は「喉」という意味ですが、その名の通りマウスピースの喉にあたる部分で
息の通り道で一番細いので抵抗と関係があり、細いと抵抗が強くなり、太いと楽に息が入ります。
音が詰まりやすい人は、スロート径が太めの物の方が出やすいかもですよ!

シャンクのこと

「シャンク」とは楽器に入れる部分の事です。
大体の楽器は互換性があるため、どのメーカーのどういうマウスピースでも使うことができますが
ホルンは「アメリカンシャンク」と「ヨーロピアンシャンク」と種類があり、お互い違うものは使えません。
また、トロンボーンユーフォニアムにも「細管」と「太管」があります。
これもシャンクの太さが違うため、逆では使えません。

購入の際は自分の楽器のシャンクを確認してください!
(わからない場合は楽器の型番でもお調べできます。メーカーと型番をスタッフに伝えてください)

マウスピースを選ぶ時の注意

まずは何より、試奏です!!

やっぱり吹いてみないと自分に合ったものかわからないですよね・・・
展示している全てのマウスピ―スを試奏していただけますので、お気軽にお問い合わせください!

試奏の際はなるべく自分の楽器を使いましょう♪

当店でもマウスピース選びの際楽器をお貸出しできますが、楽器には個性や癖があります。
それぞれの楽器にあったマウスピースを選ぶ、という事も大切なので出来る限り楽器はお持ちくださいね!

選定もできます!

マウスピースも楽器と同じように個体差があります。
メタルマウスピースは特に個体差が激しいものもあります・・・
何本かご用意しているものもございますのでスタッフまで「選定希望」と伝えてください!

「高音域が出やすいだけ」のマウスピースはNG!

高音域が極端に出しやすいマウスピースはカップが浅く、ほかの音域がとても出しづらい事があります。
また、無理に出そうと唇を押し付けるなどの変な癖がついてしまう事もあります!
高音域も大切ですが、そのせいで音がスカスカになってないか、他の音域を殺してしまっていないか
確認をしながら選んでくださいね♪

良いマウスピースが見つかったら・・・・

せっかくいいマウスピースにめぐり合えても凹んだりすることがあります。
ケースの中に入れるときも出来るだけマウスピースポーチに入れて保管をしてください♪
使用後はそのままだと汚れがたまるだけでなく、メッキがはがれたり、唾液の酸で表面がぼこぼこになってしまいます。
演奏後は水洗いか、マウスピースクリーナーで綺麗にしてから片付けてくださいね!
また、シャンクが凹んでしまうことが良くありますが、そのままにしていると息もれをして
本来のパフォーマンスを発揮できないことがあります。
修理で治すことができますのでお早めにご相談ください!

お問合せ

マウスピース選び悩んでいる・・・という方、専門スタッフがお手伝いさせて頂きます!!
お気軽にご相談ください!
一緒にピッタリのマウスピースを探しましょう♪

担当スタッフ

大高店の管楽器担当をしている岡田です!
あなたの音楽生活を全力サポートさせていただきます!!
また、無料点検も行っておりますので何かいつもと楽器の様子が違う・・・というときはお持ちください!
oodaka.shimablo.com

f:id:shima_c_oodaka:20171102123736j:plain

岡田 美弥子(おかだ みやこ)

島村楽器認定管楽器シニアアドバイザーです♪
出身は広島県です!中学・高校と吹奏楽部に所属、6年間ユーフォニアムを担当し、高校ではマーチングの大会で中国大会にも出場しました。
卒業後何か管楽器に関わる仕事がしたいと考え、中部楽器技術専門学校管楽器リペア科で
管楽器の修理について学び、大高店では管楽器を担当しています。
楽器やマウスピース選びのお手伝いはもちろん、最近吹きずらいなどの修理・調整のご相談もぜひお待ちしています!
管楽器のことならなんでもお気軽にお問合せください!

お問合せ

店舗名 島村楽器 イオンモール大高店
担当 岡田
電話番号 052-629-5101
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.