島村楽器 イオンモール大高店 シマブロ

島村楽器 イオンモール大高店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

HOTLINE2013 vol.1 レポート!

HOTLINE2013VOL.1レポート

皆さん、こんにちは!最近、ライブ巡りを日課にし、日夜ライブについて勉強中の「歩く15禁」こと高木です。
いや~、ライブって奥が深いですね。
路上、ライブハウス、カフェなど色々ありますが、思いはみんな一緒!お客さんに楽しんでもらいたいという気持ちで演奏されているのが伝わってきます!

勿論、それは当店で開催するHOTLINEも同じこと!
オーディションとはいえ、楽しんでもらいたい!という気持ちを前提に皆さん演奏してくださってます。

「ああ、良いこと言うね~、高木さん・・・。」と割り込んでみました。こんにちは!PAをしていました「走る18禁」こと甲斐です。

話の腰を折ってしまいましたね。ではさっそく始めましょうか、HOTLINE vol.1のライブレポート!高木さんお願いします!


はい、では気を取り直して・・・

この日は、珍しいことにバンドさんが1組もいないという、アコギ回!

出演者

なので、いつも出演者さんの名前を書くホワイトボードにアコギを描き描き。
ちょっぴりなで肩になってしまった気もするアコギイラストを添えられましたのは、4名の出演者さん。

アコギのみとはいえ、個性豊かな4名が揃いましたよ!
早速、当日の様子をレポートします。

まずは、お客さんいっぱいの会場で1番手を努めてくれた「休憩ソンガー」さん!

インスト!皆さん、インストはご存知ですか?
ちなみに、高木は入社当初知りませんでした!(誇らしげに言うことではない)
インストとはインストゥルメンタルの略で、オフヴォーカルつまり「歌の入ってない曲」です。
まさにギター勝負!という演奏方法!


「休憩ソンガー」さんは見事にクラシックギターを操り、みんなも知っている「粉雪」でお客さんを惹き付け、
2曲目もインストならではの雰囲気を魅せてくれました!
名前の由来が「休憩がてら聴いてほしくて」と控えめ~な由来でしたが、
休憩なんてとんでもない!ばっちりお客さんを惹きこんでましたよ!

2曲目後半の見せ場は圧巻ですね!(甲斐)

続きましては、爽やか最年少「ふっちー」さん!

以前、高校生のラストライブということでアコースティックバンドで出演された「ふっちー」さん。
今回はソロの弾き語りでの出演です。
リハの時から「緊張する~」と、見てて微笑ましく(?)なってしまう緊張具合でしたが、

歌いだしたらなんのその!
めっちゃ良い声(PA甲斐談)で、めっちゃ良い歌を聴かせてくれましたよ~。
back numberの「花束」 NICO Touches the Wallsの「手をたたけ」。
どちらもお客さんの楽しそうな手拍子に合わせて気持ち良く弾いてくれました!

はにかんだ笑顔に惚れてしまいました。ポッ。(甲斐)

続きましてはインストの「笹本 健」さん!

笹本さんはベンチャーズの大ファンとのことで、普段は県外で活動が多いとのこと。
今回は久しぶりのソロで、ベテランさんにも関わらず緊張してた様子。

いやいや、演奏からは緊張なんて全く伝わってきませんでしたよ!
落ち着いた演奏に、落ち着いた(ちょっとはにかんだ)MC。
クラシックギターとは違う、フルアコギターの魅力をインストで聴かせてくれました。

是非このスタジオでベンチャーズバンドの演奏も見せて欲しいですね!(甲斐)

そして、そんな個性豊かなアコギ回の〆はこの人!「松村よしひろ」さん!

今回唯一のオリジナル曲のみでの参加者!
「大衆浴場」という曲。タイトルを見た時は、てっきりコミカルな曲なのかしらと思っていましたが、
哀愁すら漂う大人のバラード曲でお客さんを惹き寄せ、
「GAIN」というカッコいい、これまたオリジナル曲でバシっと締めてくれました!


間のMCもまたお客さんにびっくりするぐらいうけちゃって、珍しく?お客さんの笑いを誘ってました!
あ、ここでは言いませんよ?内緒ですよ、内緒。(動画見たらわかるけど・・・)
是非、違う所でライブをしているのを見かけたら声をかけて聞いてみて下さいね!

「大衆浴場」を聴いてスーパー銭湯にいきました。でも富士山の絵が見れなくてがっかりです。(甲斐)



というわけで、アコースティカルな回だったにも関わらず、予想以上に盛り上がったHOTLINE VOL.1!このHOTLINEショップオーディションは、まだまだ続きます!
次回開催は6月9日=ロックの日!!これだけでなんかムネアツ!
ただ今入った情報によりますと、現在参加予定は4組!弾き語りが多めか?
しかしまだまだ出演者募集中です!血湧き肉躍るロックバンド求む!(あくまで比喩です。本当に血を流したり動物の肉を投げるバンドはお断りします。)
開催近づいたら、また詳細アップします。お楽しみに!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.