島村楽器 イオンモール大高店 シマブロ

島村楽器 イオンモール大高店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

フルートって解体すると、こんな感じに!!!【理紗子のちょっと気になるそこんとこ!Vol.8】

こんにちは!
お久しぶりです!お元気ですよ!富田理紗子です!
f:id:shima_c_oodaka:20171114173037j:plain
今回も管楽器担当の岡田と一緒に撮りました!
持っている楽器はフルート!
岡田が持っているのが、Pearlさんと島村楽器のコラボモデル
「F-CD970S/RBE」
f:id:shima_c_oodaka:20171114173259j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20171114173303j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20171114173308j:plain

私が持っているのがPearlさんと島村楽器のコラボ5周年記念モデル
「F-CD925CPS/RE/AT」
f:id:shima_c_oodaka:20171114183938j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20171114183942j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20171114184058j:plain

二本とも、島村楽器とのコラボモデルなのです!
店頭にて、試奏も承りますので、ひぜ吹いてみてくださいね!
リッププレートの彫刻とキィの装飾が可愛らしいフルートですよ!!!

ということで、前回のトランペットに引き続き、フルートの解体をしていたので、
その一部を取材させてもらいましたー!!!
というわけで、今回は、フルート解体ショウです!!!
f:id:shima_c_oodaka:20171030210208p:plain
解体しているフルートは、ヤマハのYFL-31という旧品番のもの。
あまり使っていなかったものを、そろそろ使ってあげるために、ということで、
当店他スタッフが持ち込んだものです!

さっそく、ケースから取り出したのが、頭部管。
f:id:shima_c_oodaka:20171114133150j:plain
そして、主管。
f:id:shima_c_oodaka:20171114133309j:plain
これを磨いていくのですが…。
そもそも、フルートは一本の長い管のように見えていますが、
実は、三つのパーツからできているのです!
写真の頭部管と主管、それから足部管といいます!
この写真は、現行モデルのYFL-312を組み立てた状態です。
f:id:shima_c_oodaka:20171114133613j:plain
普段は、先程の三つのパーツに分かれてケースに収納されています。
普段見ているフルートは、演奏前に組み立てて使用しているんですよ!

と、この辺で、早速、拭き上げを始めてもらいます!
頭部管をクロスでふきふき…。
f:id:shima_c_oodaka:20171114133818j:plain
細かいところは、シルバークリーナーでふきふき…。
f:id:shima_c_oodaka:20171114133842j:plain
すると、最初の写真よりは、きれいになってますよね!
f:id:shima_c_oodaka:20171114133928j:plain
クロスで拭き上げてあげるだけでこんなにきれいになるのです!
どの楽器も、演奏後には丁寧に拭き上げてあげると
綺麗になったという満足感も得れて愛着もわきますよね♪
皆さんも、自分の楽器をふきふきしてあげてくださいね♪

さぁそして、いよいよ主管を解体してもらいます!
f:id:shima_c_oodaka:20171114134302j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20171114134323j:plain
実は細かいパーツでできているフルート。
細かく分けていくと、100を超えるパーツに分かれるのです!
おもしろいですよね!
これが、主管のほとんどのパーツを解体した写真です!
f:id:shima_c_oodaka:20171114134525j:plain
音を変えるために抑えるキィがこんなにもたくさん!!!
そして、主管はぼこぼこと穴が開いています!
f:id:shima_c_oodaka:20171114134800j:plain
ここに、キィが被さっていて、押さえると管の長さが変わるので音が変わる、
という仕組みになっているのです!

そして、このフルート…。
実は、虫に食われているのです…!!!
f:id:shima_c_oodaka:20171114135248p:plain
その虫食いの箇所がこちら!!!
f:id:shima_c_oodaka:20171114135329j:plain
分かりにくいかもしれませんが、この箇所なのです…!
f:id:shima_c_oodaka:20171114135531j:plain
他にもこんなところも…!
f:id:shima_c_oodaka:20171114135753j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20171114135756j:plain
もうこうなってしまうと、タンポ交換をしなければ、
しっかりと押さえて音を出す事が出来ないのです…。
ちなみに、お持ちの管楽器、どこか不具合がある、といったことがあれば、
島村楽器にぜひお持込ください!
お預かりをして、専門スタッフがきれいに直します!
大まかな料金は下記ページからチェックしてくださいね♪
www.shimamura.co.jp
フルートだけじゃなく、管楽器全般受け付けております!

そして、全体的に拭き上げが終わったものがこちら!!!
f:id:shima_c_oodaka:20171114141351j:plain
頭部管がぴかっと光っていますよね!!!
まぶしい…!!!

店頭での拭き上げサービスに関しては行っておりませんが、
どんなふうにお手入れするといいのかわからない、という皆さん、
是非大高店にお越しくださいね!
お手入れ方法とともに、必要なもの、そのほかお悩み事を解決いたします!

というわけで…

今回のちょっと気になるそこんとこ!

管楽器のタンポってなぁに?

f:id:shima_c_oodaka:20171114152102j:plain
管楽器の中でも木管楽器には、「タンポ」と呼ばれるパーツがあります。
指で押さえるキィの裏側についている主にフェルトでできているパーツです。
実物はコチラ↓↓
f:id:shima_c_oodaka:20171114201241j:plain
半分に割ってみるとこんな感じ。
f:id:shima_c_oodaka:20171114201648j:plain
解体して並べてみると、こんな感じです!
f:id:shima_c_oodaka:20171114202156j:plain
主に、といったのは、細かくすると、下から
厚紙・フェルト・フィッシュスキンという素材が組み合わさってできています。

木管楽器、というのは主にサックス・クラリネット・フルート。
すべて、トーンホールと呼ばれる穴が開いているので、
それを押さえてトーンホールをふさぐことで、
管の長さを変えて音の高さを変えています。
そのトーンホールをふさぐ役割がタンポなのです。
このタンポが今回のように虫に食われていたり、
湿気や温度変化に弱いものなので劣化をしていると、
ちゃんとトーンホールをふさぐことができないので、
タンポ交換、という修理をするのです。
ある意味、消耗品でもあるので、定期的に点検に出すのをおすすめします!
f:id:shima_c_oodaka:20171114201817j:plain

島村楽器では、管楽器をご購入いただいた方に
定期的に点検会のご案内をお送りしております。
当店でご購入いただいていない楽器に関しても、
点検会のお申し込みは受け付けておりますので、
気になる方はぜひお持ち込みください!
今度の点検会は、12月2・3日の管楽器フェスタ会場で行います!
管楽器フェスタとは、島村楽器名古屋パルコ店で、行われるイベントで、
金管楽器とフルートをヴィンテージ物から人気のシリーズまで勢ぞろいします!
さらに、各日にちごとにイベントも開催いたします!
12月はぜひ島村楽器名古屋パルコ店にお越しください!
詳細は下記ページをチェック!!!
www.shimamura.co.jp
イベントの中には、今回解体をしてくれた岡田が企画する、
パパママセミナー&水洗いセミナーも行われます!
ぜひ管楽器をやっているお子様がいらっしゃるお父様お母様のご参加、
また、管楽器の手入れで悩んでいるそこのあなたのご参加を
お待ちしております!!!
oodaka.shimablo.com


今回も盛りだくさんでお届けしましたが、
次回はまたまた変わる、大高店の様子をチェック!
商品のラインナップも変わってきているので、ぜひまたお越しください!
お待ちしております!!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.