島村楽器 イオンモール大高店 シマブロ

島村楽器 イオンモール大高店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ヘッドホンフックとジャックの在りかを探せ!!!~YAMAHA編~【理紗子のちょっと気になるそこんとこ!Vol.12】

こんにちは!
お元気ですか?富田理紗子です!!!
私は、最近咳が出てしまっていますが、体はぴんぴんしています!!!
f:id:shima_c_oodaka:20171214164639j:plain
と、写真を撮っていたのですが、あまりにもヘッドホンの紐が散らかっていたので…。
f:id:shima_c_oodaka:20171214164710j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20171214164718j:plain
ヘッドホンをもう一つ追加し、すっきりさせてみました!
どうですか?見やすいですよね!!!
f:id:shima_c_oodaka:20171214181014p:plain
さて、みなさん。
電子ピアノには、ヘッドホンフックがあるのをご存知ですか?
一見すると、よく見えない位置になるのですが…。
しかも、このヘッドホンフック、機種によってついているものと、ついていないもの、
ついていても位置が全く違うところ、違う方向を向いているもの、と、
様々に分かれているのです!
電子ピアノは、家でヘッドホンで弾きたいという方が多いと思います。
そんな時に、よく使うヘッドホンはピアノの近くにあったほうが便利ですよね!
さらに、ヘッドホンを刺すジャックも機種によってついている位置が違うのです!

というわけで、今回は、当店おススメのヘッドホン
audio-technica 「ATH-EP700S」
f:id:shima_c_oodaka:20171214175940j:plain
をおともに、電子ピアノのどの位置にヘッドホンフックと
ヘッドホンジャックがついているのかを調べます!
ちなみに、このヘッドホン、当店で大人気の電子ピアノ用ヘッドホンなんです!
お気軽にお試しできますので、スタッフまでお声がけください♪

今回は、「YAMAHA編」と題して、当店に展示してある、ヤマハの電子ピアノを調べます!
f:id:shima_c_oodaka:20171214204943j:plain

まずは、ALIUSシリーズのYDP-163!
f:id:shima_c_oodaka:20171214181237j:plain
エントリーモデルとしても人気の高いこの機種。
見た目も可愛らしいホワイトアッシュの色ですが、
写真の左側にかすかに黒いのが見えますか?!
f:id:shima_c_oodaka:20171214181352j:plain
これです!
ヘッドホンをかけてみるとこんな感じ↓↓
f:id:shima_c_oodaka:20171214181452j:plain
前側についているので、取り出しやすいですね!
ちなみに、ヘッドホンを刺すジャックはなかなか見にくいですが、
鍵盤の下側についているのです!
f:id:shima_c_oodaka:20171214181546j:plain
しかも二つ!
これで、お子様とお母さま、もしくはお父様と一緒に聞いてもらったり、
友達と一緒に音を共有しながら連弾なんかもできちゃいますね!



次は、Clavinovaシリーズ!
これは、4シリーズ中、3シリーズが同じ設計で、CLP-685だけ少し変わっています!
ということで、3シリーズから代表してSCLP-6450!
f:id:shima_c_oodaka:20171214181837j:plain
島村楽器×YAMAHAのコラボモデルでもあります。
このモデルの、ヘッドホンフックはコチラ↓↓
f:id:shima_c_oodaka:20171214184235j:plain
ヘッドホンを掛けてみるとこんな感じ!
f:id:shima_c_oodaka:20171214184258j:plain
このタイプは、横向きについているので、座っていても取り出しやすいですね!
ちなみに、ヘッドホンを刺すジャックはここ!
f:id:shima_c_oodaka:20171214185606j:plain
フックの近くにあるので、紐が絡まりにくくていいですね!
こちらも二つついてます!
そして、CLP-685はというと…。
f:id:shima_c_oodaka:20171214185721j:plain
前に向かってついているのです!
ALIUS YDP-163と同じですね!
かけてみるとこんな感じ!
f:id:shima_c_oodaka:20171214185835j:plain
そして、このタイプもジャックは下にありました!
f:id:shima_c_oodaka:20171214185923j:plain
ジャックが下にあると使うときに刺しにくいですが、
見栄えはいいですよね~♪



お次は、新商品のCSP-170!
iPadとついで使う新感覚電子ピアノ!
f:id:shima_c_oodaka:20171214190830j:plain
この新商品もヘッドホンフックとジャックには特徴があるのです…!
まずはヘッドホンフック!
f:id:shima_c_oodaka:20171214191002j:plain
Clavinovaの3シリーズと同じく、横を向いていますね…!
ヘッドホンを掛けてみるとこんな感じ!
f:id:shima_c_oodaka:20171214191255j:plain
そして、ヘッドホンジャックは、少し斜めを向いています!
f:id:shima_c_oodaka:20171214191359j:plain
刺しやすく、抜きやすい…。
新商品ならではのこだわりでしょうか…!!!



そして、次も新商品!NU1X!
f:id:shima_c_oodaka:20171214191837j:plain
ハイブリッドピアノ「AVANGRAND」シリーズの仲間入りをした商品です!
もちろん、ヘッドホンを使えるので、これにもフックは必要…。
f:id:shima_c_oodaka:20171214201816j:plain
ありました!!!
このタイプは、ClavinovaやCSPと同じく横向きですが、
フックの先が外を向いていますね!
ヘッドホンを掛けるとこんな感じに!
f:id:shima_c_oodaka:20171214201937j:plain
座った時の手元の近くに来るので、取りやすいですね!
そして、ジャックはすぐ近くにありました!
f:id:shima_c_oodaka:20171214202028j:plain
相変わらず、鏡面のつやつや加減がすごいですね…。
AVANGRANDシリーズは、ボリュームがジャックの近くにあるので、
見た目も生ピアノに近くなりますね!

しかぁし!!!!!
その一方で、旧品番のNU1とグレードアップバージョンのN1は、
ヘッドホンフックが付いていないのです!
証拠写真はコチラ!!!
まずNU1↓↓
f:id:shima_c_oodaka:20171214202342j:plain
そして、N1↓↓
f:id:shima_c_oodaka:20171214205447j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20171214205451j:plain
どちらもヘッドホンフックは付いていません…!
この場合、すぐにヘッドホンを使いたくても、かけておけない…!!!
と、そんなときには、こちらを是非お求めください!
というわけで!

今回のちょっと気になるそこんとこ!

ヘッドホン楽譜もしまえるボックスがあるの!?

そうなんです!
そんなお得なものがありまして、それがこちら!
f:id:shima_c_oodaka:20171214203937j:plain
ただのボックスに見えるようですが、
実は、どの電子ピアノの下にも入れられるんです!
そして、すぐ使いたいヘッドホンは、こんな感じに!
f:id:shima_c_oodaka:20171214204134j:plain
上の段に入れてもらえば、簡単収納!
そして、下の二つのスペースには楽譜を入れることが出来ます!
f:id:shima_c_oodaka:20171214204226j:plain
お好きな楽譜を手に取れる位置においておけるのです!
いつでも、好きな曲を弾いて、終わったらきれいにまとめられる!
こんな素敵なことはないですよね!!!
f:id:shima_c_oodaka:20171214204412j:plain
コロが付いているので、移動も自由自在!
ちょうど今の時期、ピアノを持っているお友達、
ピアノが大好きな友達に上げるプレゼントとしてもピッタリになりますよ!!!
f:id:shima_c_oodaka:20171214181014p:plain
というわけで、今回はヤマハの電子ピアノについて調べてみました!
今度はローランドかな???
是非、お店に来て、実際にヘッドホンフックとジャックを探してみてくださいね!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.