島村楽器 イオンモール大高店 シマブロ

島村楽器 イオンモール大高店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

電子ドラム新商品TD-17KV-Sを組み立てて叩いてみた!完結編!【理紗子のちょっと気になるそこんとこ!Vol.17】

三日連続でこんにちは!
富田理紗子です!
f:id:shima_c_oodaka:20180513193108j:plain
さぁ、いよいよTD-17KV-Sが完成しますよ~
中編でも告知していたように、パッドの組み立ては終わったので、
音源とパッドの接続をしていきます!

今回の新音源モジュール・TD-17がこちら。
f:id:shima_c_oodaka:20180513163729j:plain
右にある箱状のものは、ラックに取り付けるためのパーツになります。
このパーツを裏面のくぼみに入れてラック音源モジュールが付きやすくします。
今回のこのパーツ、実は、すごく画期的になっているのです!
というのも…。
f:id:shima_c_oodaka:20180513163939j:plainf:id:shima_c_oodaka:20180513163945j:plain
スライド式でカチッと装着することが出来ます!
簡単♪簡単♪
さらに!こんな感じにも出来ます!
f:id:shima_c_oodaka:20180513164251j:plainf:id:shima_c_oodaka:20180513164256j:plain
どんな形でラックに装着するかをカスタマイズできるのです!
店頭のものは、後半のようにパーツを装着して組み立てました!
f:id:shima_c_oodaka:20180513164432j:plain


次は、この音源モジュールと、それぞれのパッドをつないでいくのですが…。
f:id:shima_c_oodaka:20180513164545j:plain
写真の様に各パッドにはプラグを入れる穴があるので、そこに音源モジュール用のプラグを差し込みます。
オレンジ色の部分には、アルファベットが書いてあり、
そのアルファベットが各パッドの名称になっています。
この色は、書いてあるアルファベットごとに違うのですが、
「HH」はハイハット、「SN」はスネア、「CR」はシンバル、「T」はタムを表しています。
それぞれどこに何をつけるのか、まで写真を撮りたかったのですが…。
細かいパーツなのでなかなか取れなくて申し訳ないです…。
またこの部分に関しては、別で取り上げようと思っていますので、こうご期待!


それぞれのパッドと音源モジュールが接続で来たら、とうとう完成です!!!
f:id:shima_c_oodaka:20180513165215j:plain
時計を見ると…。
f:id:shima_c_oodaka:20180513171531j:plain
16:46!!!
約一時間
で完成しましたー!!!
私の場合は、途中で写真を撮ったりしたので、必ずしもこの時間通りとは
行かないと思いますが、ドラムの組み立てには一時間ほどかかると覚えておいて頂けるといいかと思います!


というわけで…

今回のちょっと気になるそこんとこ!

もう一人の女子ドラマーって?

Vol.15の冒頭で、愛知県内の島村楽器には、女子ドラマーが二人いて、
そのうちの一人が、私だとお伝えしましたが…。
ではもう一人の女子ドラマーは誰なのか…。
それは、岡崎店の杉浦です!
www.shimamura.co.jp
↑↑最近の杉浦が書いたHPになります!

ドラムの事で困った事やわからないことがあれば、ぜひ私たちにご相談ください♪


大高店 富田理紗子
f:id:shima_c_oodaka:20180511224331j:plain
岡崎店 杉浦
f:id:shima_c_oodaka:20180513171340j:plain


と、いうわけで、完成したドラムセット「TD-17KV-S」で演奏したのがこちら↓↓
youtu.be
皆さんぜひ見てくださいね~見てくれるとうれしいです~またすぐ新しい動画とります~


今回は、新商品という事で、TD-17KVについて取り上げましたが、
大高店にはRoland V-Drumシリーズのフラッグシップモデル、TD-50KVをはじめとする、
電子ドラム各種をそろえています!
試打も出来ますので、お気軽にお尋ねください♪

ぜひまたご来店をお待ちしております~♪

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.