島村楽器 イオンモール大高店 シマブロ

島村楽器 イオンモール大高店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ついにきた!!!話題の島村楽器×Rolandコラボモデル TD-50SC-Sを組み立てて叩いてみた!完結編!【理紗子のちょっと気になるそこんとこ!Vol.22】

こんにちは!
お元気ですか?!
最近少し晴れ間が多くてうれしいです!富田理紗子です!
f:id:shima_c_oodaka:20180622140804j:plain

さぁ!いよいよ!TD-50SC-S完成ですよ!
というわけで、前回パッドや音源の組み立ては終わりました。
その様子がこちら↓↓
f:id:shima_c_oodaka:20180622141056j:plain
組み立ての過程はこちらを参考にしてくださいね~!↓↓
oodaka.shimablo.com

あとは、音源と各パッドの接続と、SDカードの読み込みです!
重要な過程なので、しっかり注意してやっていきましょう!

各パッドと音源の接続!

TD-50はそれぞれパッドと音源をつなぐケーブルがバラバラになっています。
特に、スネアパッドのPD-140DSライドシンバルパッドのCY-18DR
USBケーブルで接続をされています。
なぜなら、前回のちょっと気になるそこんとこでお話をした部分がありますが、
すごく細かい情報まで読み取って再現をしてくれるパッドだからこそ、
その情報量を正確に伝ええるためにUSBケーブルが必要なのです!
というわけで、まずはそのスネアとライドの接続から始めます!

実はケーブルの長さが違う?!

付属のケーブルを見てみると…。
f:id:shima_c_oodaka:20180622141830j:plain
右と左で、結束バンドを外さなくてもわかるくらい長さが違うのが分かりますね!
これは、単純に、音源がスネア側に設置をされるので、ライドまでの距離が遠く、
その距離を届かせるためになのです!
ということは、写真の左側のケーブルをライドに、右側のケーブルをスネアに
接続するといいってことですね♪
ちなみに、そのほかのパッドのケーブルはというと…。
f:id:shima_c_oodaka:20180622142014j:plain
すべて長さが同じです!
なので、どこにどのケーブルを…と気にしなくてもいいんですよ~!
ちなみに、刺す穴はこんな感じ↓↓
f:id:shima_c_oodaka:20180622163519j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180622163021j:plain
それぞれパッドやシンバルの名前が書いてあるので
それぞれを繋げていきます。
スネアとライドはUSBケーブルの接続端子があるので、
その接続端子とケーブルをつなぎます。
それ以外のケーブルは差し込むだけでオッケーです!
実際に差し込んだ様子はコチラ。
f:id:shima_c_oodaka:20180622163841j:plain
空いている箇所が出るのは、シンバルやタムを追加するための
空きヶ所になりますので、正しくそれぞれを接続してくださいね!

SDカードの読み込みをします!

TD-50SC-Sの特典として、オリジナル音色キットが入ったSDカードが付いてきます。
こちらは、読み込みをしなければ使えませんので、必ず読み込みをしましょう!
SDカードは音源モジュールの向かって左側手前に入れる箇所があります。
f:id:shima_c_oodaka:20180622164659j:plain
f:id:shima_c_oodaka:20180622164625j:plain
これを差し込みます。
電源を入れて、音源モジュールの上面右上の「SD CARD」と書かれたボタンを押します。
f:id:shima_c_oodaka:20180622164945j:plain
画面が変わります!
真ん中の「LOAD」に反転の色を合わせて
上面右下側にある「ENTER」をおします。
f:id:shima_c_oodaka:20180622210933j:plain
するとこの画面が出てくるので…。
f:id:shima_c_oodaka:20180622165141j:plain
「F5」をおすと、本当にいいの?と聞いてきます。
f:id:shima_c_oodaka:20180622165232j:plain
「OK」に反転の色を合わせてまたENTERをおすと読み込みが始まります!
数秒待っていただくと、Complete!の後にこの画面が出ます。
f:id:shima_c_oodaka:20180622165646j:plain
そうしたら読み込みOK!!!
この画面は設定をしなくても大丈夫なので、CANCELを選択してください。
これでで・き・た・!!!

というわけで!

今回のちょっと気になるそこんとこ!

電子ドラム、あとなにがいる?

セットでご購入いただける電子ドラム
ただ、そのものだけをご購入いただいてもそのまま始めることは出来ません!
何が必要かというと…。
まずは、スティック!
f:id:shima_c_oodaka:20180622205416p:plain
これはドラマー必須アイテムですね!
特に、女子ドラマーは手が小さいと思うので、
その人の手に合ったスティックを選ぶ必要があります。
そんな時は、この記事を参考にしてください!
info.shimamura.co.jp

そして次には、スローン!
f:id:shima_c_oodaka:20180622205748j:plain
Pearl D-1000N ¥15,120(税込)
いわゆるドラム椅子です!
丸いタイプが一般的ですが、中には自転車のサドルのような形のものも!
またいろいろ探しに来てください!

キックペダルも必要になる場合が多いです!
f:id:shima_c_oodaka:20180622205906j:plain
Pearl P-2050C ¥22,464(税込)
この場合は、自分の好みや生ドラムでも使いたいモデルを選ぶといいですよ!

さらには、スネアスタンド、ハイハットスタンドなども必要になる機種も…。
今回組み立てをしたTD-50SC-Sはここに挙げた5つのハードウェアが必要になります!
ハードウェア選びに迷ったら、ぜひ富田理紗子までご相談くださいね♪

さぁ!
この完成したTD-50SC-Sで!
叩いてみた動画がコチラ!!!
www.youtube.com
この音をぜひご自身で体感してください!
試奏もお待ちしておりますよ~!


なんだか最近は楽器の組み立てばかりやっている気がします…。
それも楽しくて好きですが!
ご購入いただいた電子ドラムに関して、
組み立てが分かんない!どうやって音出すの?!といった
些細なことでもお待ちしております!
ぜひ大高店ドラム担当:富田理紗子までご相談ください!

それでは、次回は何を組み立てるのかなぁ~
お楽しみに!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.